follow hagi.life

2020年06月末現在の金融資産の保有状況

2020.07.02

こんにちは、萩ドットライフ()です。

定形コンテンツ「金融資産の保有状況」の報告です。4月5月と続いた株価上昇もちょっと落ち着いた感じですね。6月は売り出していた東京のマンションに買い手が付きました。8月にまとまった現金が入ってきますので、その運用方法に悩んでいます。

iDecoとファンドの新規売買、等

毎月お決まりのiDecoの購入などの報告です。
国内株式(ETF)は、2020年03月にすべて売却しましたので、もう貸株手数料が入ってくることはありません。

先月(2020年5月)に僕が所有している法人が、持続化給付金の受給を受けたこともあり、経営者である僕個人からの借り入れを返済し、僕自身は楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)を購入しました。

  • iDecoで「セゾン 資産形成の達人ファンド」を22,829円分購入しました
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)を特定口座にて1,814,087口(2,000,200円/内200円は楽天証券ポイント)購入しました
  • バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の配当金、193.75USDを受け取りました

2020年6月末現在の金融資産は15,973,965円でした

iDeco
セゾン 資産形成の達人ファンド
416,404口
912,008円
前月比:+48,073円(105.56%)

※2020年06月16日に10,572口購入。基準価額は21,401円(2020年05月29日現在)から21,852円(2020年06月30日現在)に増加(102.11%)。

NISA
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
598株
4,827,304円
前月比:+125,688円(102.67%)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)
17,747口
18,563円
前月比:+498円(102.76%)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
7,132口
8,700円
前月比: +164円(101.92%)
特定口座
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)
9,685,794口
10,131,341円
前月比:+2,118,730円(126.44%)

※2020年06月02日に楽天ポイント200円を「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)」の購入資金に充てました。
※2020年06月09日に現金2,000,000円を「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)」の購入資金に充てました。

預り金(証券口座内)
外貨預り金
 
35,312円
前月比:+20,936円(245.63%)

※2020年06月29日にVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の配当金、193.75USDを受け取りました。

仮想通貨
ETH
1.66735口
40,737円
前月比:-3,035円(93.07%)

2020年5月末の金融資産の保有状況が、13,662,911円だったので、2,311,054円のプラス(前月比:116.91%)でした。

参考:2020年05月末現在の金融資産の保有状況

先行きの見通しが立ちませんね…

5月は「まさか、このままバブルに突入か?」というくらい世界株式の価格が上向きだったのですが、6月に入ってまた横ばい状態になってしまいましたね。

6月末日現在のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の価格が74.80USDなので、新型コロナ・ショック前の最高値83.01USD(2月19日)の90%まで戻してきましたね。

3月の最安値(3月23日)の54.51USDから比べると、約136%にになったことになります。

以前投稿した「東京のマンションに買い手がつきました」という記事でも書いたように、東京のマンションの売買契約が成立しました。

同時に手付金をまとまった金額お支払いいただいたので、そのうち仲介業者へ支払う手数料を引いても当面生活するには十分な資金が手元に残ったので、法人で受給した持続化給付金を個人に移動し、さらに楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)を購入する資金に宛てたのです。

表面だけ見ると「持続化給付金で、投資信託買っちゃた」みたいなストーリーに仕上がってしまいますが、その背景には、いろんなあれやこれやがあるのです。

東京のマンションは、8月末に引き渡しをします。

当然そのときに、まとまった現金が入ってくるのですよ。
1年程度の生活資金と、新しく買った山口県萩市のリノベーション資金を残して、あとはすべて証券口座に置いておこうかと思っています。

ゆくゆくは、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)もしくは、楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)を購入して、しばらく放置、手元の現金が底をついたら、取崩し運用をはじめようと思っています。

悩みどころは「買い方」なのですよ。

すべての資金をETFもしくは投資信託にしてしまうのは、少々おっかないので、2・3年程度かけてドルコスト平均法で買い増しを続けようかな? などと思っているところです。

この辺は、まだ決めかねていて、これからあ〜でもないこ〜でもないを繰り返しつつ、検討を重ねようと思っています。

生まれた街「萩」の小さなひとつに還ろう。