follow hagi.life

普通のことを普通に継続していこう

2018.09.24

こんにちは、萩ドットライフ()です。

どんな職業だって同じなのでしょうが、取るに足らないことを、軽んずることなく、淡々と継続していくこと。そこから得られる小さな信頼や、ささやかな自信を毎日々々積み重ねることが、とても大きなチカラに変わっていくんだな、と感じることがあります。

普通のことを淡々と

「普通(ふつう)」って、使うときにちょっと注意を必要する言葉だとは思います。

普通(読み)フツウ:
特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること。また、そのさま。「今回は普通以上の出来だ」「普通の勤め人」「朝は六時に起きるのが普通だ」「目つきが普通でない」
出展:普通(フツウ)とは – コトバンク(2018年9月24日現在)

ということではあるのですが、人によって全く尺度が異なる言葉なのですね。
なので「自分にとって特別であると感じないこと」程度の意味で捉えてください。

端的に言うと「近道なんかないよね」ってことなんですよね。
テクノロジーは進化しているし、マーケティングの進歩によって劇的に問題解決に至るような施策があるように考えがちだし、先人に「相談」すれば、近道のヒントになるものを教えてもらえそうな錯覚に陥ったりもするのですが、結局は毎日の積み重ねと、トライ・アンド・エラーの繰り返しなんだと思うのです。

一旦やりきる

案件だったり、課題だったり、プロジェクトだったり。そういうものを「やりきる」ことが大切だと思います。結果的に上手にできなかったもの、自分で見返すのがツラいものもたくさん生み出すことになりますが、そこを通過しないと次に行けないのですよね。
とにかく目の前の案件を完了させる。そこで得た反省や後悔が、次の案件をよりよいものにしようという気持ちを奮い立たせてくれるのです。

おそらく、どんな職業でも「継続」が大切なのだと思います。
職業人にとって、案件をあるレベル以上のクオリティで完了させることは「普通」のこと。それを淡々と継続していくことが、唯一であり、最良だと思います。
普通のことを普通に継続しつづけることで、まわりからの信頼も積み重なるし、要求レベルも上がっていくのだと思います。

「普通のこと」には、案件の完了だけではなくて、1本のメールの文章や、電話での受け答えなど、自分自身の行動も含まれるのだと思います。些細なことではありますが、行動は自分の印象を作り、さらに評価に繋がり、そういうものが集まって、自分のチカラを形成してくれるのですね。
小さな信頼をすら作れないやつに、大きな期待をする人はいませんからね。

「普通」とはいいつつも、常に要求レベルに達するクオリティの作業をし続けるためには、それなりに気力、体力を振り絞る必要がありあますよね。
都度々々、自分のベストを問い続けますし、限界を超える努力をし続けるのです。「普通」のレベルを上げ続ける必要があるのですよね。
100パーセントの力を出し切って案件を完了させれば、次はさらに上のレベルで作業に取り組めるかもしれない。プロの現場で働くって、こういうことの連続だと思うのです。

ブログ記事を書くのがキツくなり始めてるのですよ

なんかちょっと、メンドくさい感じのことを書いている自覚はあるのですが、ちょっと今、ブログ記事を書くのがツラくなり始めてるんですよ。
今、120記事くらい超えたところなんです。100記事目くらいでは達成感もあって楽しさを得られたのですが、そこから急速にキツさを感じ始めましたね。
よく言われる「100記事3ヶ月経過しないと、何も始まらない」の100記事は通過したけど、3ヶ月には至ってない状態。アクセスにあまり影響が見えず、無風状態が続いてるからなのでしょうかね?

「毎日ブログ記事を書くのには慣れた」「2,000字の文章を書くのに苦痛を感じない」のではありますが、なんせ、ネタが見つからないのですよ。
他人の記事を読んで、なんか着想のヒントを得ようとしたりもしてるのですが、どうしても自分の言葉で書き始めると、以前自分が書いた記事に似ていってしまうのですよね。

あと、自分が書いたの過去記事を読むことが増えてきています。
記事を書きながら「あれ? これ前にも書いたかな」って思って検索したり、関連リンクを作るためにだったりで、過去の記事をざっと読むのですが、まあヒドいのですよ。
「以前のアウトプットのレベルの低さに気づくのは、今のレベルが上ってる証拠」だとは思っているのですが、結構ツラいものがありますね。それによって、モチベーションが下がってるワケじゃないので「スランプだな」と理解しています。
「書きたい」とは思うのですよ。でも、ネタが出ないし、文章が続かないのですよ。

いろんな方のスランプ克服法をググってみると、どうやら「ムリなときは更新しない」ってのが定説なようですね。ただ、僕の場合、ようやくルーティーンとして定着し始めたばかりだし、今週末から山口県萩市に作業場を移動するので、ネタもできるだろうしで、なんとか無理矢理にでも更新し続けようと思っています。
「2,000字シバリを外そうかな」とも考えたのですが、当面それもキープすることにします。

当面、これが今の僕の「普通」のレベルなのですから、これを普通に継続していこうと思っているのです。

生まれた街「萩」の小さなひとつに還ろう。