follow hagi.life

 

憧れと嫉妬

何かを始めるとき、必ず「憧れ」という感情が入り口になっているように思うのですよ。そうして始めたもの中に、自分の生活を支えてくれているデザインなども含まれるのですが、人生への影響が大きいものほど、途中で大きな「嫉妬」心を感じていました。

続きを読む

投稿日:2019年01月24日

 

楽しそうなおっさんでいよう

世間で「老害」という言葉が生まれて以降、相対的に「老害ではないおっさん」のことを、カッコいいとする風潮があるんじゃないでしょうかね? そして「オレはまだ、若者のことを理解できるぞ」みたいなアピールに勤しむおっさんも増えてたりします?

続きを読む

投稿日:2019年01月23日

 

好きでデザイナーやってるんだから収入低くてOK。なワケないよね

僕、ずっとデザイナーやってるもんですから、ときどき「Webデザイナー+年収」とかでググって見るんですよ。そうすると「え!」って思うくらい低いんですよね。若い人が多い職種だからってのもあるんだろうけど、これでいいわけないですよね。

続きを読む

投稿日:2019年01月22日

 

フリーランスの営業には、老後戦略も含まれますよ

「営業なんかしないですよ。強いて言えば、カドが立たないように仕事を断ることっすかね」なんて、生意気なことを言っていました。でも、それじゃダメだったんですよね。老後戦略というか、職業人としての寿命を延ばすという視点が欠落していました。

続きを読む

投稿日:2019年01月20日

 

おっさんの問題提起と解決策

おっさんになると問題が増えるのですよ。自分に対して問題提起をしてみつつ「解決策」を模索してみたりもするのですが、結局「若返れ」みたいなことしか思い浮かばないっていうね…。それでも、ずっと問題に向き合い続けることが大切だと思うのです。

続きを読む

投稿日:2019年01月19日

 

最近、歩いてる

「ほうウォーキングですか、歩くって健康にいいらしいですね」ということなのではなく、朝ランの習慣の合った僕が、走れなくなってるのですよ。これこれ2ヶ月くらい前でしょうか? 突然、ヒザとヒジ(!)が痛くなって、連続で走れなくなったのです。

続きを読む

投稿日:2019年01月18日

 

デザイナーにとっての、セミリタイアと引退

自分で望んで退いたら「引退」だし、仕事を請ける姿勢でいるにもかかわらず、仕事が来なくなったら「引退」なのですよ。50代半ばになり「引退の時期くらい自分でコントロールしたい」と思うようになってたどり着いた考え方が、セミリタイアなのです。

続きを読む

投稿日:2019年01月17日

 

「この仕事しかできない人」になるリスク

現在セミリタイア生活中なのですが、20年以上前にフリーランスになったときと同じような感覚があるのですよ。それは「いつでも自分自身が変われる」ということを心地よく感じるからなのだろうと思うのです。新しいことが始まってることが楽しいのです。

続きを読む

投稿日:2019年01月16日

 

同年代だけでつるもうとする感じに馴染めない

昔を懐かしむのはそんなにイヤじゃないし、別の道に進んだ古い友人の話を聞くのも楽しいと感じるのですよ。だから同窓会はそんなに嫌いというわけでもないのです。ただ、やはりその中に、少量の気持ち悪さが含まれてる感がどうしても否めないのです。

続きを読む

投稿日:2019年01月15日

 

フリーランスになったときに買った・作った、無駄なもの

最近、SNS上で「独立論」みたいな話が交わされている場面に頻繁に遭遇するような気がします。自らがフリーランスである僕からしてみれば「まあ、好きにすればいいんじゃないの」ではあるのですが「それよりも、無駄なもの買わないでね」と思うのです。

続きを読む

投稿日:2019年01月13日