follow hagi.life

 

原点に返る。先のことは偶然に任せる

ときどきは原点に返ることって大切ですよね。そうしないと「なんでこんな暇な毎日を過ごしてるんだ?」と虚しい時間だけが過ぎていってしまうのですよ。「そうだオレ、自分の身を置く環境を変えるのが目的だったんだ」と再確認しているところなのです。

続きを読む

投稿日:2020年01月23日

 

老後どの程度の住居サイズが必要なんだろう?

以前、萩市の築古戸建てを内覧して以来いろいろと考えています。「自分の老後には、どの程度の住居サイズが必要なんだろう?」と検討してみると、思ってたよりも小さくて構わないのですよ。小さな家を好きなようにできたほうが快適な気がするのです。

続きを読む

投稿日:2020年01月10日

 

ゆるミニマリストを目指してみよう

新しい環境づくりと向かい合っていることもあり、購入する家のサイズとか、暮らし方のコンセプトなんかを考え続けています。断捨離によって、シンプルな空間の心地よさを再認識できたこともあり「ゆるミニマリスト」を目指そうと思っているのです。

続きを読む

投稿日:2019年12月30日

 

断捨離したら、求める家のサイズが変わり始めた

断捨離の進捗がペースダウンしています。ちょっとした振り返りをしていたのです。「どんどん捨てても、なにも困らない」という結論に至りました。そうすると、いま求めている家のサイズも「コンパクトなものがベストだな」と考えるようになったのです。

続きを読む

投稿日:2019年12月26日

 

平日の萩の街をブラブラと自転車移動してみた

自転車を買って、萩の街をさしたる目的もなく何度かブラブラと自転車移動してみました。移動スピードが変わると、見えるものが変わりますよね。知ってると思いこんでいた街ではありますが、再発見できること、新しく気付くことがなかなか多いのです。

続きを読む

投稿日:2019年12月15日

 

田舎暮らしによって、新しい習慣を身につけたい

先日、はじめて萩市内の古民家の内覧を体験したことで、田舎暮らしに対する解像度が上がってきています。これまで思いついていなかったような「意味」を考え始めているのです。その中から言葉にできそうなものをいくつか記録しておきます。

続きを読む

投稿日:2019年12月13日

 

萩市の古民家を内覧してきた

以前から関心を持っていた、萩市内の古民家を内覧してきました。まだ購入を決めたわけではないので、物件そのものについては伏せますが、初めて利用した「空き家バンク」制度のこと、古民家の実態を見た上で感じたことなどを記録しておきます。

続きを読む

投稿日:2019年12月10日

 

イメージしにくい田舎暮らし

物件選びを進めていくにつれ「萩市の農林漁村部で暮らしたい」という気持ちがちょっとトーンダウンして、現実の生活を考えるようになっています。だんだんと「ほんの少しだけ利便性のある、市街地に転居しよう」という考えが強まっているのです。

続きを読む

投稿日:2019年12月05日

 

慣れてしまうことへの抵抗

同じことや、最初から結果が見えている毎日が延々と続くのがイヤな性格なのだろうと思います。慣れてしまうことに対して抵抗を感じるのです。萩の古民家で暮らしたいと思っているのも、東京のマンション暮らしの慣れを回避するための行動なのです。

続きを読む

投稿日:2019年12月02日

 

マンション暮らしは快適。でも、いったんやめてみよう

便利で快適なことよりも大事なことがある気がするのですよ。東京でのマンション暮らしは快適です。でも、不便を厭わずに感じておきたいものが田舎の生活にはあるような気がするのです。思い過ごしかもしれませんが、そう感じているから仕方ないのです。

続きを読む

投稿日:2019年11月27日