follow hagi.life

 

ホントだ。見たいものが見えるんだ

人生で何度目かの「ホントだ。人は見たいものが見えるんだ」を体験しています。違う言い方をすると、視界の中に入っているものでも見ようとしていなければ、認識できないってことなんですよね。そして「見たいもの」が自分の人格を形成するのです。

続きを読む

投稿日:2020年11月23日

 

意外と、こんなことが大切だったのかもね

ちょっとしたメンドクサごとのはずだった、自動車運転免許の取得。振り返ってみると「楽しかったな」と感じるのです。それはおそらく、自動車学校に通い始めたのが秋だったからだと思います。こんなちょっとしたことが意外と大切だったりするのです。

続きを読む

投稿日:2020年11月21日

 

価値基準を相手に合わせること

自分の価値判断で他人を支配することも、他人のそれに合わせようと他人の顔色を伺いがちな人をみることも、あまり気分のいいものではありませんよね。でも、ときには他人の価値に合わせる立場に置かれてみるのも、考えるきっかけになっていいですよ。

続きを読む

投稿日:2020年11月19日

 

だまって「わかってくれる」感を出してくれると、嬉しいです

人に求める役割として、知識量とか技術力よりも、コミュニケーションするときの心地よさみたいなものの方が重要視されつつあるような気がしています。その中でも「わかってくれる」って要素の大切さがどんどん増しているように思い始めているのです。

続きを読む

投稿日:2020年11月18日

 

ときにはヒト経由で情報を仕入れないとな

ネット時代になってからこちら、どうも「受け身じゃダメだ」「積極的に行動しなきゃ、攻めなきゃ」ってことになってますよね。僕もそんなふうに考えています。でも、受け身でいたほうが、想像を超える体験と出会えることだってあるように思うのです。

続きを読む

投稿日:2020年11月15日

 

頭ごなしに、流行り物をバカにするのもどうなんだろ?

鬼滅の刃、観ました読みました。すごく面白かったです。SNS上で「あ〜でもない、こ〜でもない」と論戦が繰り広げられてるのも大流行の証なのでしょうから、これはこれでいいと思います。ただ、美意識やセンスを強く押し出すことに関しては、一言。

続きを読む

投稿日:2020年11月14日

 

教わる力(ちから)を持ち続けよう

オッサンになると、人から何かを教わる機会って減りますよね。むしろ「教える」側に回ることを要求されたりしますもんね。そのほうがちょっとエラそうにできて快適だったりしますけど、だんだんと教わる力を失っていっているような気がするのです。

続きを読む

投稿日:2020年11月13日

 

結局、精神論っぽいことって捨てきれないんだよなあ

精神論やら根性論が苦手です。昭和の体育会で過ごしてきたにも関わらず、です。でも、人の持つチカラについて考えるとき「結局、心意気とか踏ん切りとか、そういうことだよなあ」なんてことも考えたりもするのです。なんとなく精神論と近いところ?

続きを読む

投稿日:2020年11月05日

 

すぐ否定する人が嫌い、なんだけれども

人がやろうとしていることを、すぐ否定する人、ケチばっかつけて来る人が嫌いです。だいたいみんなそうですよね。でもこれ、自分自身に対してもやってしまうのですよね。たぶん、それは「答え合わせを先延ばししたいから」なのだろうと思うのです。

続きを読む

投稿日:2020年11月04日

 

ふまじめな大人が増えること、悪くないと思います

「ふまじめなことが、人生を豊かにしてくれる」みたいな考え方を持っています。ただ良くないことに、自分で自分のことを「ふまじめだ」なんて思い始めて、修正したり戒めようとして、息苦しくつまんないほうに向かうことが多かった職業人生でしたね。

続きを読む

投稿日:2020年10月31日