follow hagi.life

 

セミリタイアしてるはずなのに年末進行にハマってる

「年末進行」って、元々は出版業界で使ってた用語らしいんですよね。製版屋さんとか印刷所が休みになっちゃうから、早めに入稿しなきゃいけないんですよ。転じて、いろいろな業界でも、年末に忙しくなることを指して「年末進行」って言葉を使ってますよね。

続きを読む

投稿日:2018年12月15日

 

都会と田舎。気分の違い

人口や利便性をテーマに、都会と田舎を語ることは多いですが、僕のように「外出するのは、朝ランとちょっとした買い物のみ」って人にとっては、あまり違わないのですよ。僕が東京と萩市の二拠点生活をしている意味を「気分」の面から整理してみますね。

続きを読む

投稿日:2018年12月11日

 

結局「取引先の分散」なんてしなかったな

「仕事は1つのクライアントに依存せずに、分散すること」「タマゴを1つのカゴに盛るな」というのが鉄則なのだそうです。理屈は理解できるのですが、僕の場合、むしろ定期的に集約するフェーズを作りながら、20年間のフリーランス生活を続けてきました。

続きを読む

投稿日:2018年11月25日

 

フリーランスは甘いよ、そこに気をつけろ

「フリーランスなんて、そんなに甘いもんじゃないよ。厳しい世界だぞ」って言う人って、今でもいるんでしょうね。昔、僕も言われましたね。僕はフリーになって20年以上経過しているのですが「フリーは甘いよ、そこに気をつけろ」って思っています。

続きを読む

投稿日:2018年11月24日

 

手離れの良い仕事・悪い仕事

「あそこの仕事、手離れ悪いんだよ、困ったもんだ」みたいなことをいうことがありますよね。概ね、手離れがいいほうがポジティブってことにはなっているようなんですが、クライアントそのものとは、長くお付き合いしたかったりもするんですよね。

続きを読む

投稿日:2018年11月20日

 

フリーランスの僕が暇な時にやったこと

心がけとか、意気込みとかじゃなくて、実際にやって来たことをまとめてみます。効果のほどは謎ですが、50代半ばまで、20年以上にわたってフリーランスのデザイナーをやってこれたんだから、大きくは間違ってないんじゃないかな? と思っています。

続きを読む

投稿日:2018年11月11日

 

「素人のくせにクチ出すんじゃねえ」なワケないじゃん

クライアントワークをしていると、仕事を評価または承認してくれる人の多くは、デザインの素人さんなのですよ。僕たちはそれを前提として作業をすることになるのですね。「素人のくせに」などという言葉を使う場面など端っから用意されてはいないのです。

続きを読む

投稿日:2018年11月03日

 

何かを始めるとき。「ナメてる」くらいがちょうどいい

どっちみち、何かを本気で始めると、先人たちを尊敬せずにはいられなくなるものなのですよ。入り口くらいは「そのくらい、オレにだってできるよ。ちょっとやらしてみ」くらいの感じでちょうどいいと思うのです。ちょっとナメた感じでいいんだと思います。

続きを読む

投稿日:2018年10月18日

 

フリーランスの「タダ働き」について

タダ働きの中には「安売り」も含むと思ってください。SNSやネット上の記事などで「フリーランスはタダ働きすべきではない」「やりがい搾取とかクソ」みたいな話が出回ってて、みんなそれを意識する時代になってると思うんですよね。概ね僕も賛成です。

続きを読む

投稿日:2018年10月15日

 

作業のスピード感を高める、フリーランスの役割

フリーランスは、労働時間によって収入が決まるわけじゃないのですよ。クライアントが了承したら、そこがアウトプットなのです。仕事のスピードを上げることが所得に直結するので、できるだけ効率的に作業を進めて、短時間で完了させたいものなのです。

続きを読む

投稿日:2018年10月05日