follow hagi.life

 

人は、見たいものを見ようとする

何をイメージして暮らすかで、人生は変るのです。楽しいものをイメージしていれば、楽しいものが優先的に目に入ってきて「自分は楽しい世界で暮らしてるなあ」と感じられるし、当然、その逆もありえるのです。人は、見たいものを見ようとするのです。

続きを読む

投稿日:2020年02月10日

 

他人の趣味と向き合う ― 萩市の古民家を買うことにしました

古民家を購入することにしたのですが、改めて「中古戸建を買うということは、他人の趣味も併せて受け入れることなのだなあ」という気がしています。それを継承するべきか、ドライに処分すべきか決めかねているのですが、新しい発見ではあります。

続きを読む

投稿日:2020年02月09日

 

人生の立地条件

何をするにも大切なのが、立地条件なのですよ。それは物理的なものだったり心理的なものだったり、ひとつの場所を指していたり複数を意味していたりいろいろだし、状況や成長によっても変化します。いまの僕にとっては「萩に居場所を作る」なのです。

続きを読む

投稿日:2020年02月08日

 

やりたいことを、ひとつだけクッキリと

「幕の内弁当なんて記憶に残らないから、やりたいことを明確に、ひとつだけクッキリと」なんて仕事でもよく言ってたセリフなのですが、自分事だとうっかり抜け落ちてしまうものなのですね。次のひと幕を上げるに際して、考えていることを記録しておきます。

続きを読む

投稿日:2020年02月03日

 

毎日の景色がもたらす影響

日々の生活において、目に入る景色がもたらす影響って大きいと思うのですよ。考え方だとか、性格だとか、大げさな言い方をすれば、生き方に関わってくるように思うのです。少しずつ東京での生活を「なんか違うんだよな」と感じるようになってきています。

続きを読む

投稿日:2020年01月29日

 

足りないものを嘆くよりも

ずっと、自分に足りないものを探し続け、そしてそれを補うことに時間を費やしてきた人生だったように思います。50代半ばを過ぎ、人生の折り返し地点を過ぎた今「持ってるものだけでやりくりして楽しめばいいじゃん」などと思い始めてるのです。

続きを読む

投稿日:2020年01月27日

 

原点に返る。先のことは偶然に任せる

ときどきは原点に返ることって大切ですよね。そうしないと「なんでこんな暇な毎日を過ごしてるんだ?」と虚しい時間だけが過ぎていってしまうのですよ。「そうだオレ、自分の身を置く環境を変えるのが目的だったんだ」と再確認しているところなのです。

続きを読む

投稿日:2020年01月23日

 

老後どの程度の住居サイズが必要なんだろう?

以前、萩市の築古戸建てを内覧して以来いろいろと考えています。「自分の老後には、どの程度の住居サイズが必要なんだろう?」と検討してみると、思ってたよりも小さくて構わないのですよ。小さな家を好きなようにできたほうが快適な気がするのです。

続きを読む

投稿日:2020年01月10日

 

ゆるミニマリストを目指してみよう

新しい環境づくりと向かい合っていることもあり、購入する家のサイズとか、暮らし方のコンセプトなんかを考え続けています。断捨離によって、シンプルな空間の心地よさを再認識できたこともあり「ゆるミニマリスト」を目指そうと思っているのです。

続きを読む

投稿日:2019年12月30日

 

断捨離したら、求める家のサイズが変わり始めた

断捨離の進捗がペースダウンしています。ちょっとした振り返りをしていたのです。「どんどん捨てても、なにも困らない」という結論に至りました。そうすると、いま求めている家のサイズも「コンパクトなものがベストだな」と考えるようになったのです。

続きを読む

投稿日:2019年12月26日