follow hagi.life

 

捨てても困らない ― 断捨離は、やりかけだけどね

思い出が詰まっていたり、大切に感じていたものでも、捨ててしまえばその時点で執着はなくなるのですよ。何も困らないのです。それどころか、自分の周りの環境をスッキリさせることで、気分や考え方も変わってきて、これがなかなか快適なのです。

続きを読む

投稿日:2020年02月04日

 

かつては、人の顔と名前を覚えることが得意でした

僕が老いを感じるようになった要因のひとつが、人の顔と名前を覚える能力を失ったということなのですよ。若いころは、これが得意だったのです。そして老いを感じたことが原因で、セミリタイア生活を初めて自分を再構築することを決意したのです。

続きを読む

投稿日:2020年01月07日

 

素人がプロの仕事を褒めるのは失礼、なのか?

「できて当たり前」のプロの仕事に対して、素人が「上手ですね」「美味しいですね」などと褒め言葉を伝えるのって、失礼なことなんでしょうかね? 僕は「プロだ」「素人だ」に関わらず、素晴らしさを感じたら言葉にすべきだと思っているのです。

続きを読む

投稿日:2020年01月05日

 

「一度立ち止まる」と「できることから始める」は矛盾してる?

「そういやオレ今、一度立ち止まるフェーズだったな」と思い至ったのですよ。昨日「もう一度、できることから始めよう」という記事を投稿したばかりなのにです。なんとなく矛盾しているようでもあるし、折り合いがついているようでもあるのです。

続きを読む

投稿日:2019年12月25日

 

レシピを公開したお菓子屋さんの話

原典不明にも関わらず気に入っていて、よく得意げに喋る話があるのですよ。たぶん僕が仕入れたのは10年以上前かな? 繰り返し話ているうちに内容が変わっている可能性もあります。商品のレシピを公開したら、売上が増えたお菓子屋さんの話なのです。

続きを読む

投稿日:2019年11月20日

 

お土産いらないな、と判断してしまう理由

ずっとフリーランスだったので集団の中にいないのです。お土産を買っても「ついで」で渡すことができずに、いちいち渡す相手のアポイントを取る必要があったりしてメンドくさいのですよ。結局「お土産、いらないな」と判断することになってしまいます。

続きを読む

投稿日:2019年11月14日

 

「詳しい人」として紹介されたくない

「〇〇に詳しい人」って紹介されても、あまりいいことないよね、って話です。結局「その人に代わって調べてあげる人」になっちゃうんですよね。絶対にイヤだってほどでもないのですが、なんか「余計な時間使っちゃったな」ってことが多いのです。

続きを読む

投稿日:2019年11月08日

 

僕のことなんか、誰も見ていない

他人の評価を気にしてしまい、足がすくんで行動を躊躇してしまうような場面で、それを諌めるように浮かんでくる言葉が「僕のことなんか、誰も見ていない」なのです。さほど重みを感じる言葉でもありませんが、僕はこれに何度も救われているのです。

続きを読む

投稿日:2019年11月03日

 

人を雇わない会社を経営してきた理由

僕はフリーランスといいつつ、会社を経営しているのですが、結局ひとりも人を雇いませんでした。いわゆる「ひとり親方」のままです。その理由は「いろいろメンドくさいのがイヤだ」に尽きるのですが、「概ね、これで正しかったな」と思っています。

続きを読む

投稿日:2019年10月22日

 

ありがた迷惑は断ろう、誰も得しない

ありがた迷惑のほとんどは、相手に不要であることを伝えることで解消されます。それで気分を害するような人ならば、人生交わる必要もないと思うのですよ、嫌われ遠ざかってくれれば、不快の種がひとつなくなって人生が快適になるはずなのです。

続きを読む

投稿日:2019年09月30日