follow hagi.life

 

「友達価格」問題について考える

「友達価格」問題…。デザイナーとかイラストレーター、フォトグラファーなどのクリエーター系のフリーランスにとっては「あるある」だと思うのですよ。ときには、友達じゃない人からもやってくる、不当な値引き、ヒドいときには無償(タカリ)問題です。

続きを読む

投稿日:2019年09月16日

 

自分の代わり、替わりの仕事

ずっと「自分の代わりなんて、いくらでもいる」という考え方に怯え続けてきたのですよ。仕事を失いなくありませんからね。でも「替わりの仕事もいくらでもある」はずなのです。「もうちょっと、いろんな体験できたかな」と人生を振り返っているのです。

続きを読む

投稿日:2019年09月10日

 

10年前の自分との答え合わせ

定期的に「人生の答え合わせ」をすることって、大切なのでしょうね。あまり重要度を感じないままに、こんなことを考えてることが多いのですよ。もともと「正解がないもの」だとは分かりつつも、これから先の道標になってくれるような気がするのです。

続きを読む

投稿日:2019年08月26日

 

人の縁、そして恩

人の縁や恩なんて、どんな人にでも関わりがあるものだと思うのですが、僕はずっとフリーランスとして生きて来ましたから、その視点で「縁」と「恩」について語ってみることにしてみます。これらによって生かされ、そして、縛られ苦しんできたのです。

続きを読む

投稿日:2019年08月18日

 

好きなことを仕事にすると辛い? 30年続けてみた

「好きなことを仕事にすると辛いよ」という言葉に接するたびに「自分が社会に出た昭和時代と同じこと言ってるな」と思うのです。僕は好きなことを仕事にして30年。今のところ「まあヨカッタよ」と感じていますが、あと20年くらいは観察を続けてみます。

続きを読む

投稿日:2019年08月17日

 

同じことの繰り返し。結局、反復なんですよね

このブログを開設して、1年が経過しました。その昔スポーツをやっていたことが成功体験になっているせいで、何ごとも、スポーツになぞらえて考えるクセがあります。スポーツも仕事も、そしてこのブログも、同じことを繰り返している感覚があるのです。

続きを読む

投稿日:2019年08月15日

 

僕がクライアントに恵まれたデザイナーだった理由

日々、デザイナーを辞めるときが近づいてきています。過去、とくにフリーランスになってからの20余年を思い出すことが多いのです。僕はクライアントに恵まれていました。「運がよかった」と思いつつ、それなりの背景もあったようにも感じるのです。

続きを読む

投稿日:2019年08月08日

 

フリーランスに向いていたがゆえの後悔

僕は、寂しさを快適に感じる性格です。なので、フリーランスに向いていたのだろうと思っています。ただ、フリーでい続けたいがために、自分の自由を制限していたという後悔もあります。「次のゲーム」は、そのへんに注意して臨もうと思っているのです。

続きを読む

投稿日:2019年06月28日

 

50代フリーランスが振り返る「やっといてよかった」「やっとけばよかった」

50代半ばまで20年以上フリーランスのデザイナーをやってきましたが、概ね良好な「フリーランス生活(前半)」でした。これから1年程度の休暇を取った後に「フリーランス生活(後半)」に入る前に、過去を振り返ってみようかと思います。

続きを読む

投稿日:2019年05月17日

 

フリーランスになったころの失敗を記して、平成を後にしよう

平成時代の最大の思い出といえば、フリーランスになったこと、もう20年以上前のことです。当時の「やらかしちゃった、これ失敗だわ」という恐怖と不安、そして極貧生活を思い出しながら、始まったばかりの令和時代の弾みとしたいと思います。

続きを読む

投稿日:2019年05月07日