follow hagi.life

 

だんだんと自分に還りつつある毎日

ちょっとずつ、むかし使っていた萩ことばのリズム感を取り戻し始めているような気がするし、むかし感じていた鮮やかさで季節の変化と向き合うことができているように思うのです。期せずして、かつての自分と出会っているような感じがしているのです。

続きを読む

投稿日:2020年11月08日

 

山口県萩市に移住して、ひと月が経過しました

萩市民になって、ひと月が経過しました。移住なんて言っても二拠点生活という二年間にわたる準備期間があったし、日常生活の連続に過ぎませんから、大したことは起こっていません。この程度だと「オレは気づいた」なんてこともありゃしないのです。

続きを読む

投稿日:2020年09月17日

 

田舎の夜は暗いよ。夜だからね

発見などというと大げさなのですが、これまでとは異なる環境で暮らし始めると、いろんなことに気づきますね。しばらく閉めておいた窓を開けるたびに、家の中に草の匂いが入ってくる感じとか。夜ってこんなに暗かったんだ…。そりゃ夜だもんな、とか。

続きを読む

投稿日:2020年09月04日

 

まだ萩人であることが、日常になっていないのです

二拠点生活時代には感じていなかった非日常感があります。なんとなく「旅行者」として暮らしてる感じですね。「ゆっくりしよう」と「いろいろ体験しよう」の切り替えができない感覚です。まあ、しばらくは気分次第で暮らそうかと思っています。

続きを読む

投稿日:2020年08月27日

 

土を踏んで暮らしながら。また、ものを考えよう

黙々と草むしりをしていると「土のある生活、落ち着くね」という考え方になってきますね。おそらく人類にそういうDNAが備わってるのでしょう。安心感があるのですよ。そこが、植物や小さな生き物たちの命が生まれてくる場所だからなのでしょうね。

続きを読む

投稿日:2020年08月25日

 

「どうして萩に帰ってきたの?」と訊ねられたときのはなし

東京を離れて山口県萩市に移住する理由なんて、ずっと考え続けてきたはずなのですが、いざ面と向かって訊ねられると、思いもよらない返事をしてしまうものなのですね。そしてそれが自分の気持ちをピタっと言い表していたりして、胸を衝かれるのです。

続きを読む

投稿日:2020年07月29日

 

萩市に移住する日が近づいてる。誰にどう伝えよう?

どうでもいいことをグチグチと気にする質(たち)なのですよ。いま考えてるのが「萩市に移住したあと、誰にどうやって伝えよう?」ということなのです。知っておいてほしい人にはちゃんと伝えたいし、メンド臭そうな人には干渉されたくありませんしね。

続きを読む

投稿日:2020年07月23日

 

山口県萩市への移住準備が、着々と進んでいます

この約2週間の滞在で、先日購入した萩市の古民家の設備関係の補修の発注をすることができました。着々と移住準備が進んでいます。工事は8月下旬から始まりますし、その頃には僕も東京のマンションから家財を搬出して、萩市民として立ち会います。

続きを読む

投稿日:2020年07月11日

 

4ヶ月ぶりの萩市へ

山口県萩市にいます。都道府県をまたぐ移動の自粛が緩和され、ようやく萩へ移動することができたのです。予想はしていたのですが、まだ交通機関が以前のようには戻っていませんね。そのおかげで普段は観ることのない光景を目にすることもできました。

続きを読む

投稿日:2020年06月28日

 

家の売買って、パワー要るよなあ(萩市の古民家購入編)

人生において、家の売買ってそんなに何度もやることじゃありませんよね。多い人でも一生に数回程度じゃないでしょうか。僕もマンションを買ったときに1回。そしていま、萩の古民家を購入するために2回めを経験しています。正直、バテますよね…。

続きを読む

投稿日:2020年03月14日