follow hagi.life

 

飲み会で「田舎暮らし」について語ったら、考え方を補強された

田舎暮らしについて飲み会でガッチリ語ったのって、初めてだったんじゃないでしょうかね。驚いたのは「結構みんな興味もってるじゃん」と。群れから離れつつある僕の近況報告のつもりが、いつのまにか、僕が考え方を補強される結果になってしまいました。

続きを読む

投稿日:2019年09月12日

 

[フリーランスの老後]娯楽としての職業

ほっとくと、老害になっていくような気がするのです。たぶん人は年を取るとプライドが肥大化して、ややこしいことになってしまうのですよ。なので僕は、これまでの仲間たちと距離を取りつつ、職業を娯楽化することで対応しようと考えているのです。

続きを読む

投稿日:2019年09月02日

 

「余命30年」と考えたら、つまらないことなんかやってるヒマない

自分の死(終末)をイメージすることって「縁起でもない」ことなんでしょうかね。僕は「余命30年」だと考えた上で「楽しいことに集中したいな」「つまんないことに関わりたくないな」などと思っているのです。

続きを読む

投稿日:2019年08月24日

 

孤独を受け入れると快適ですよ

「セミリタイアするやつって、孤独が好きなんじゃない?」などと思い始めているのですが、どんなもんでしょう? もともと僕は「群れたくないんだったら、群れる必要ないよね」と思う派なのです。孤独を受け入れることが快適な人っているのですよ。

続きを読む

投稿日:2019年08月21日

 

人の縁、そして恩

人の縁や恩なんて、どんな人にでも関わりがあるものだと思うのですが、僕はずっとフリーランスとして生きて来ましたから、その視点で「縁」と「恩」について語ってみることにしてみます。これらによって生かされ、そして、縛られ苦しんできたのです。

続きを読む

投稿日:2019年08月18日

 

苦手な人、嫌いな人

「嫌いな人と会わない」という鉄則について考えています。これまで意図的に「苦手な人」と混同して「なんか臭うけど、克服すべき。会っておこう」から後悔に至ることが多かったのですよ。「嫌いな人は離れる」「苦手な人は攻略する」べきだと思うのです。

続きを読む

投稿日:2019年08月16日

 

「平日昼間、遊ぶ友だち」を求める代わりに僕は、田舎を目指す

「平日昼間、遊ぶ友だちがいると人生楽しいかもね」なんてことを考える時期ってあるのですよ。定年退職をあと数年に控えた僕の同級生なんかそうなんじゃないのかな? でもそれ、良し悪しですよ。僕はダメでした、自分の時間のほうが大切な側にいるのです。

続きを読む

投稿日:2019年08月12日

 

他人と距離を置きたくなるとき

人生の転換期に、他人と距離を置きたくなるクセがあるようなのです。それは僕なりに正義とか信条みたいなものを調整・修正している時期だから「邪魔されたくない」という感情が生まれるからだと思うのですよ。ちょうど今がそんなときなのです。

続きを読む

投稿日:2019年08月02日

 

「忙しいの?」って聞いてくる人って何?

会合や飲み会の誘いを断ったときに「忙しいの?」と訊ねてくる人が不快なのですよ。暇でも出席を断ることって、普通にありますからね。人どうしの距離感の溝を埋めようとするのって、ムダだと思うのです。人生交わらないのが一番だと思うのです。

続きを読む

投稿日:2019年07月28日

 

孤独が好きな人の、仕事との向き合い方

最近「田舎暮らし」への欲求を補足するようなことばかり考えています。「孤独が好きな性格であること」と「自己完結する仕事を模索しようとしていること」「人間関係の断捨離が心地よく感じている時期であること」などが相まって、より想いが募るのです。

続きを読む

投稿日:2019年07月22日