follow hagi.life

 

二周目の人生

むかし観た風景とか、薫りとか、なかなか言葉にできない感覚を思い出すことが増えてきています。ちょうど今、二周目の人生が始まろうとしているし、その舞台が僕が生まれ育った街だからなのでしょうね。あと数ヶ月で、僕の「田舎暮らし」が始まります。

続きを読む

投稿日:2020年03月26日

 

東京のマンションを売ることにしました

最初は「近隣の仲介業者と知り合いになって、相場観とかエリアの見通しについて情報共有しよう」くらいの軽い気持ちだったのですが、あれよあれよと、マンションを売ることに。査定依頼から1週間後には専任媒介契約を結ぶこととなってしまいました。

続きを読む

投稿日:2020年03月21日

 

家の売買って、パワー要るよなあ(萩市の古民家購入編)

人生において、家の売買ってそんなに何度もやることじゃありませんよね。多い人でも一生に数回程度じゃないでしょうか。僕もマンションを買ったときに1回。そしていま、萩の古民家を購入するために2回めを経験しています。正直、バテますよね…。

続きを読む

投稿日:2020年03月14日

 

決め手は、田舎の一軒家

幼少期、うるさくしていると「田舎の一軒家じゃないんだから」と叱られていました。以来すっかり「田舎の一軒家」という言葉がアタマから抜け落ちていたのですが、このたび萩市への移住のための家探しの決め手になったのが、このワードだったのです。

続きを読む

投稿日:2020年03月09日

 

数年後がちょっとだけましになる準備をする

人生の転機には、自分の考えや行動を裏付けるための言葉を探し求めがちですよね。自らが望んだ変化であっても、ちょっと不安なのですよ。僕はいま「数年後がちょっとだけましになるための準備をする」フェーズなのだろうと思うことにしています。

続きを読む

投稿日:2020年03月06日

 

こっちの道でヨカッタって思うしかないよね

萩に滞在していた2週間の間に移住先の家を見つけて、現オーナーとコミュニケーションを取ったり、司法書士や土地家屋調査士とミーティングをしたり、できる限りの段取りは進めてきたのですが、東京に移動してきてフと「これで良かったんだろうか?」と…。

続きを読む

投稿日:2020年02月21日

 

2月の桜がきれいです

桜といえば、卒業式や入学式とセットになってるもので、3月末とか4月始め(年度替わり)に咲くイメージなのですが、2月のいま咲いている桜もありますね。河津桜という種類なのですが、ソメイヨシノよりも少しピンクが強くて、鮮やかな種類です。

続きを読む

投稿日:2020年02月17日

 

やるべきことは断片化させずに

今回「もう古民家購入のこと、ここで決めちゃおう。これに集中しよう」と意気込んで萩市に移動してきているのですが、幸運にも恵まれ自分で思っていた以上に話が進んでいます。タスクを断片化させずに、ひとつに集中すると、物事は動くものですね。

続きを読む

投稿日:2020年02月12日

 

人は、見たいものを見ようとする

何をイメージして暮らすかで、人生は変るのです。楽しいものをイメージしていれば、楽しいものが優先的に目に入ってきて「自分は楽しい世界で暮らしてるなあ」と感じられるし、当然、その逆もありえるのです。人は、見たいものを見ようとするのです。

続きを読む

投稿日:2020年02月10日

 

他人の趣味と向き合う ― 萩市の古民家を買うことにしました

古民家を購入することにしたのですが、改めて「中古戸建を買うということは、他人の趣味も併せて受け入れることなのだなあ」という気がしています。それを継承するべきか、ドライに処分すべきか決めかねているのですが、新しい発見ではあります。

続きを読む

投稿日:2020年02月09日